NPO法人PandA-J主催 全国TS実践セミナーにP&Aいしかりから参加 ( 2015 WAMまとめ報告会)

 去る3月26・27日、NPO法人PandA-J主催で全国TS実践セミナー( 2015 WAMまとめ報告会)が東京NATULUCK神田で開催されました。P&Aいしかりからは世話人の遠藤・金子が参加しました。冒頭、「新しい時代のTS活動-障害者総合支援法、発達障害者支援法の改正との関連からこれからのTS活動をどう考えるか」と題して、野沢和弘(毎日新聞社論説委員、NPO法人PandA-J副代表)から基調報告がありました。その後この間、沖縄、新潟、新発田、多摩、富山、奄美大島、東京、石狩の全国8か所の各地で取り組まれたTS(トラブル・シュ)の報告がされました

 各地での取り組み一つ一つから具体的に学ぶことや今後のTSネットづくりに示唆するものがあり、とても刺激を受けてきました。石狩からの報告は、これまでのP&Aいしかりの活動を遠藤世話人から報告し、今回のトラブルシュター養成セミナーの取り組みと今後の課題を金子世話人から報告しました。

 今後、セミナー開催した後に如何に継続してTSネットづくりに地域の中で、取り組むかが重要であり、その為にも今回の各地での取り組みを力にして、具体的な取り組みを進めていきたいと考えています。

石狩市でのTS実践セミナーのとりくみ報告
石狩市でのTS実践セミナーのとりくみ報告.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.4 MB