12月4日 「これって虐待?虐待の芽?共に考える集い」開催


 12月4日石狩市総合保健福祉センターりんくるで、「これって虐待?虐待の芽?共に考える集いが開かれました。

 冒頭、佐々木世話人代表のあいさつにはじまり、前半は「障がい者虐待防止法って?ワンポイント知恵袋」と題して虐待防止法の概略について金子世話人からワンポイント説明がありました。 次に、「現場でのふりかえり!」と題して「利用者対応に関するセルフチェックシート」を通して、現在現場で取り組み中の職員の振り返りに関しての状況説明が角田世話人(生活介護事業所サポートセンターあらいぶ)からありました。

 後半は、参加者全員の皆さんから自己紹介と思っている課題などを話していただきました。その後「虐待の氷山モデルシート」を中心に、何故、虐待や不適切行為が起きるのだろうか。表面に見えない課題を皆さんから思いつくままに色々な意見を出していただきました。今回は時間がなく、「虐待の芽を見つけようシート」は使えませんでしたが、今日の討議内容をそれぞれ持ち帰り、各シートを活用してさらに深めていけたらということで終了しました。


集いのスライド資料
共に考える集いで進行と説明に使用したスライド資料です。
これって虐待?虐待の芽?.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.4 MB
虐待氷山モデルシート他
虐待検討シート.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 439.1 KB